株式会社スリーアール
10:00~18:00
案件予約のない土・日・祝
2019年06月28日
ブログ&地域情報

遠方大家さんが自分で空室を埋める方法

基本的に遠方大家さんは物件の管理、客付けを管理会社に任せるしかありません。

その為ご自分の空室の反響状況やリアルなエンドユーザーの反応、要望などをヒアリングすることができません。

しかしネットを上手に使えば遠方大家さんが直接お客さんとつながり、物件成約に持ち込むことも可能です。

今日はそんな手法をお伝えします。

自分でネット集客

今はスマホやパソコンで気軽に情報を公開し、物を売ったり買ったりできる時代です。

売るものが中古のソファーなのか
貸すものが不動産の1室なのかの違いだけです。

全国のカリスマ大家さんたちの中で、様々な無料アプリを使って見事にご自身でお部屋を成約し、稼働率を高めている方もいらっしゃいます。

大いに真似しましょう!
良いものはバンバン取り入れて、真似をして、自ら改良していきましょう!

無料アプリ 「ジモティー」に物件を登録する

テレビCMもたくさんやっている地元の掲示板ジモティーをご存知でしょうか?

ジモティーのジャンルの中に不動産のジャンルがあります。

様々な賃貸物件、中には売買物件まで登録があります。

札幌の場合コンプライアンスを知らない不動産業者が大量の物件情報を違法に掲載していますが、大家さん自身が掲載するのであれば問題はありません。

こちらに大家さん自ら物件情報を登録します。

その際にいくつかのポイントがあります。

大家と直接契約を強調

・この物件は大家と直接契約ができるという点

・大家と直接契約なので仲介手数料が不要な点

・大家と直接契約だから、家賃無料サービスや家財プレゼントなど、入居者向けのサービスができる点

を必ず載せましょう。

登録前の事前準備としては、遠方大家さんの場合基本的に管理をして札幌の業者に委託していると思いますので管理委託先の不動産会社に直接募集もすることを伝えることです。

何故かというと、お客様との契約や部屋のご案内の対応に協力をしてもらわなくてはならないからです。

やろうと思えば案内も契約も遠隔で対応は可能ですが、管理会社の気持ちを考えると、幾らかの手間賃を払って一部業務を任せる方が良好な関係も維持できるのではないかと思います。


遠隔募集例の内容

札幌市の場合、大体の大家さんはAD(広告料(を2から3ヶ月出している方が多いと思います。

まず仲介業者を介さない為そのADを入居者サービス費用に回します。その中で一部を対応してもらう管理会社に払います。

例)
家賃40000円のお部屋(AD2ヶ月の場合)
家賃1ヶ月無料  40000円
照明器具、カーテンプレゼント20000円
管理委託先に20,000円で現地案内と契約業務を頼む。

など。
これで本来支払うAD2ヶ月分で入居者にサービスもできますし、入居者満足度も高まります。
仲介業者が成約した場合AD2ヶ月を支払い、さらに家賃フリーレント1ヶ月をつけられたら3ヶ月分の経費です。
直接決めれるのならそれが一番経費がかからないのです。

管理委託先がその価格でやってくれるのかはわかりませんのであらかじめ打ち合わせをしておきましょう。

大家さんが頑張って見つけてくれた顧客、しかもその一部屋だけの案内です。
管理会社なので他業者が決めてきても契約書の作成はするので手間は変わりません。

もし管理会社に断られた私にご相談ください。

全部自分で対応するなら

こんな手法はどうでしょうか?

・鍵は現地対応用意(レジャーロック、電子キー、キーボックス設置、解放)

・反響後、密に顧客と連絡を取り合い内覧日時を決める。

・現地には顧客に直接来てもらい、現地から連絡をもらい、鍵の開け方を伝え内覧をしてもらう。(内覧しながら物件の説明をしたりもできる)

・申込の意思表示があればメールやSNSを介して必要事項に回答いただく。

その先は全て管理会社にお任せすれば良いです。(書類作成や締結は管理業務に含まれてあるので)

もし案内もしないのに契約書類の作成や対応もしてくれない不動産会社ならそことはおつきあいをやめた方が良いかもしれませんね。

これならさらにサービスを厚くしたり、かかる経費を抑えることができますよね?


成果はあるかどうかは別に試してみると面白い

閲覧数やお気に入り登録数など、リアルなエンドユーザーの反応が確認できます。市場において所有物件の注目度を指し測ることができます。

登録も募集も、募集を止めることも簡単にできますので一度試してみてはいかがでしょうか?

私は個人保有の物件をジモティーに登録して大家直接契約!で成約しました。

やはり大家さんと直接契約できるのはエンドユーザーから見てもプラス要素のようです。

これからはますますネット化が進んでいきます。物件情報も個人レベルで簡単に発信できるようになりました。

不動産賃貸業も自身ができることは自身でやり、プロに任せるところはプロに任せるなど分けて対応することで今まで以上に成果が期待できる時代になると思います。

そんな時代になっても求められる不動産会社であるために私も日々研鑽したいと思います。

遠方の方じゃなくてもできます。

ちなみに遠方大家さんに限らず、札幌の大家さんも、北広島の大家さんも、恵庭の大家さんも、みんなできます。

むしろ近くにいるならより効果的です。

ぜひ試してみてください。
みんなで幸せな賃貸オーナーライフを成功させましょう。

この記事を書いた人
野村 龍平 ノムラ リュウヘイ
野村 龍平
【宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士】不動産業界において、賃貸仲介、物件管理、売買仲介、リフォームとメインとなる業務の全てを経験してまいりました。 なにか一つに特化することも大事ですが、不動産業は「賃貸・売買・管理」の全てがつながっており、全てを経験しなくては真のプロになれないものと考えております。 不動産業を相対的に学んだことで他社にはできないアプローチ、ご提案ができることが私の強みであります。 また物件管理業務におきましては自身が賃貸物件を保有する大家として経験したこと、勉強したことを管理物件のオーナー様へ情報発信するよう日々心がけております。 自身の経験を活かし、お客様皆様に満足できる不動産取引をお約束致します。
arrow_upward